白石町 S様邸 外壁デザイン塗装・屋根塗装塗り替え工事| 株式会社キス(プロタイムズ佐賀西店)

施工事例
施工事例
施工事例WORKS
白石町 S様邸 外壁デザイン塗装・屋根塗装塗り替え工事
外壁塗装,屋根塗装,デザイン塗装
完成写真に対するひとこと
メーカーによる見積もりを高いように感じられ、地元業者であるキスにもご相談をいただきました。
お問い合わせの際には玄関上の庇(ひさし)の錆が気になると伺いました。
劣化箇所に応じた施工を行うと同時に、意匠性にもこだわりました。
クールなデザイン塗装により積水ハウス定番の姿から一変し、スタイリッシュな姿となりました。
  • 施工内容 外壁デザイン塗装塗り替え工事
    プラン内容
    価格
  • 屋根
    メーカー アステックペイント
    使用塗料
    外壁
    メーカー アステックペイント
    使用塗料
施工前
試し塗り
施主様のご意向に合わせて試し塗りを行いました。
今回はブラック系、ブロンズ系、アイボリー系、レッド系をご用意いたしました。
施主様には家族会議を開いていただき、お住まいにピッタリのものを選んでいただきました。


BEFORE
柱の足元には錆が見受けられました。
さほどひどくない錆の場合、つい「これくらいなら大丈夫だろう」と考えてしまいがちかもしれません。
しかし、錆が進行すると周囲を侵食していき、鉄骨柱の腐食に繋がることもあるため、放っておくのは危険です。
腐食すると建物を支える柱の強度が落ちてしまい安全性に影響しますし、見た目も悪くなります。
早めに対処することで錆の進行を食い止められますし、補修費用も抑えることができます。

AFTER
足元には入念な下地処理を施し、耐久性と耐候性に優れたフッ素塗料でしっかりと柱を保護いたしました。
下地処理とは、上塗りとなるフッ素塗料がしっかりと壁面に付着するように、あらかじめ汚れを落とし塗装面を整える作業のことを言います。
下地処理を怠ると汚れの上に塗装しているも同然となってしまうばかりか、すぐに塗膜が剝げてしまうなど施工不良を起こしてしまうのです。
また、玄関はワンポイントでレッド系を採用し、小粋な雰囲気を演出しました。


BEFORE
勝手口の庇は塗膜が剥がれ、錆や汚れが見られました。
庇も錆により腐食してしまうと、最悪の場合、庇ごと交換しなければならない事態になりかねません。
そのため、今回のように早めに手を打つ必要があります。


AFTER
上記の柱同様、丁寧に下地処理を施した上で、フッ素塗料を用いて塗装いたしました。
錆を食い止めることは、大切なお住まいの寿命を延ばすことに繋がります。


担当者のコメント
施主様には仕上がり、色合いともにご満足いただき、弊社の仕事を「細かくしてもらえて良かった」とご評価いただきました。
また、近隣の方からもご好評とのことで、私どもとしましても嬉しい限りです。
実は作業中、既存のカーポートに手が当たってしまい、少しヒビが入ってしまうというアクシデントがありました。
その際は早急に施主様にご報告し、補修の対応をさせていただきました。
弊社では万が一のことがあった際にも、最後まで責任を持って工事を遂行しております。
壁